凡人のぼやき

マインド

凡人のためのブログ書いてます。勉強、運動、給料すべて平均値のねこたです

今日は、

久しぶりにブログを書こうと思っていたんです

Twitterでもネタ集めたりなんかして

よーし!今日は書くぞー!と思っていたんですよ

だけど、

仕事終わりにスマホを開くと

ある芸能人の訃報が飛び込んできたんです

そこからは、折角考えていたアイデアや文章も

すべてしぼんでしまいました

なので急遽

今日は書きたいことだけを書くことにしました

この記事は、誰にも読まれなくてもいいやと思っています

だからSNSで宣伝したり、

変なキーワードなんかも入れません

思いの丈をそのまま書きます

折角、有益な情報を求めてこの記事を開いて頂いた方

申し訳ありません

今日だけは

「凡人のぼやき」をお許しください

便所の落書きみたいな記事になりました

力の無さ

悲しいことが起きると、思います

「ああ、なんで…どうして…」って思うんです

起きてしまった事はどうしようもなくて

それは十分理解出来るんですが

それでも

「どうして?」と思ってしまいます

悔しいのか、悲しいのか、

はたまた

苦しいのか、憤りなのか、

よく分からない色々混ざった気持ちになります

もしかしたら自分の苦しかった頃と重ねているのかもしれません

バカみたいに考え込んでしまいます

それで、

だからといって

「世界の苦しむ人を救う!」だとか

「困っている人を助ける!」だとか

「正義の名の元に報復してやる!」だとか

そういう事も出来なくて

ただ暫く、言葉に出来ない感情に

黙って浸るしかないのが現状です

本当になにも出来ない癖に

言う事だけは一丁前で

自分でも嫌になるんですが

それでも言わずにはいられない時があって

今日がまさにそんな日なので

ぼやくことに決めました

過ぎ去る

悲しい事件、悲しい事故、

来る日も来る日も、

いくつも、いくつも

本当によく出てきますよね

朝のニュースを見ていると

知らず知らずのうちに

眉間にシワ寄せてる自分がいます

みんな毎日の悲報に

ちょっとザワついて

だけど

すぐに何もなかったかのように

違う話で盛り上がる

それが悪いことだとは思いません

ずっと悲しみに浸っていたら

もっと悲しいことを引き連れてきてしまうかもしれないし

世界の裏側の悲しいことまで

筒抜けのこんなご時世では

忘れてしまう方がいいんだと思います

でも、少しだけ

少しだけ立ち止まると

話題の中心にいたあの人が

誰も話題にしなくなった後も

まだ静かに苦しんでいるような気がして

それを見て見ぬフリして進むのが

自分は「キツイなあ」と思います

所詮、私ごときの同情なんて

大きなお世話なんですけど

それでも、勝手に振り返って

どうしても立ち止まってしまうから不思議です

未だ見ぬ

今回の訃報を受けて

自分の人生もふと、振り返ってみました

苦しいこと

沢山あったな、と思い出しました

自分で人生を終わらすことも

幾度となく考えた事がありました

でもある日

本当に「このままでは終わってしまう」と思ったんですよね

急に怖くなりました

だから誰とも関わらなくていいように

せっせとお金をためて

好きなことより

まずは一人で生きていこうと

一人暮らしを始めました

どんなに辛い時も

苦しくて仕方のない時も

自分には「一人でいられる空間」と

「音楽」という武器ができました

だから生きて来られたような気がします

それがなかったら今の私は何者になっていたのか

知る由もありません

それで、

たまに考えます

武器を見つけられなかった人たちは

自分の「その先」も見えずに

ずっと黒い感情を抱いて

生きているのかなって

そりゃ生きるの苦しいよって

簡単に予想出来ちゃって

だから、

世間でよく言われる

「あれだけはしちゃいけないよ」っていう決まり文句も

自分的には「そうは言っても無理でしょ」と思ってしまうし、

凄く頑張っても「その先」が見えなけれ

仕方ない結末もあるのかもしれないと思ってしまう

だけど、本当に本当に

残念だという気持ちはあるんですよ

でも

もう頑張れない人に頑張れとは言えないのも確かなんです

心の内

あの人はとても輝いているように見えていたんですよね

変な不祥事もなく、どんな番組でも好印象で

舞台に立つあの人は更に輝いて見えました

私もある人から見れば

輝いているように見えるでしょう

ある日、こんなことを聞かれた事があります

「ねこたって、人生で挫折とかした事ないでしょ?」

私は少し考えて

「上手くいきすぎて困ってますよ」と笑い飛ばした

そしたらその人は

「いつかツケが回ってくるぞ」と言いました

上手くいくことの方が少なかった人生

なんの取り柄もない弱い人間

だけど、

周りからは「強い人」だと思われることが殆どで

それはそれで

プルプルしながら必死に踏ん張ってる

こんな格好悪い姿

バレてないみたいで良かったって

ちょっとほっとするんですよね

それと同時に

やっぱり他人の苦労や絶望をはかり知るのは

難しいんだなと思い知ります

私には才能があって、地位があって、眩しく見えても

本人はそうは思っていない事は

当たり前のようにあることなんだなと思う訳です

理由

沢山つらつらと脈絡も無くぼやいたんですが

なんか

「しんどい人」がたまたま読んで

「ああ、なんかコイツも生きづらそうにしてんな」

とか思って

ちょっとでも軽い気持ちになったらいいなと思って

今日考えたことを書いてみました

ブログを書くようになって

このブログは私が死んでも残っていくのかと考えたら

こんな小さい感情でも

そっと置いておくのも悪くないような気がして

むしろ醍醐味かもしれないと思ってきていまして(笑)

ほんとに

箸にも棒にも掛からない人生で

大したことも成し遂げてないんですけど

きっとこれからもそうなんですけど

悲しいことが1つでも減ってくれたらいいと

それだけはずっとずっと願っています

ここまで「凡人のぼやき」にお付き合いくださった皆さま

本当にありがとうございます

何とか明日からも切り替えられそうです

ブログもコツコツと書いていきます

最後に、

どうかあの人が今よりも苦しくない場所で

星よりもひかり輝いて好きな事が出来ますように

ー三浦春馬さんに敬意と愛を込めて捧ぐ

ねこた

コメント